So-net無料ブログ作成
コサメビタキ ブログトップ

地元の山のコサメビタキ [コサメビタキ]

体長13cmの小さな野鳥 それが コサメビタキ です。
オオルリと比べると地味な色合いの野鳥ですが、小さな体で地元の山に渡ってきてくれました。

撮影機材: Sony α57 + Kenkoテレコンx1.4 + Borg101EDⅡ

オオルリが囀る大木のすぐ近くの木の枝で、コサメビタキのツガイが一生懸命に巣作りをしています。
巣作りの材料調達のため、飛び出して行きます。
DSC09565r.JPG

DSC09566r.JPG

嘴に何かをくわえて帰ってきました。
DSC09602r.JPG

苔類などを巣作りの材料として使うようです。
DSC09603r.JPG

巣の中にいる雌の元へ雄が材料を持って帰ってきました。
DSC09651r.JPG

DSC09653r.JPG

DSC09659r.JPG

ツガイで巣の中に入っています。
大量の素材を持ち帰って来ました。
柔らかそうなウメノキゴケでしょうか。
DSC09714r.JPG

DSC09716r.JPG

DSC09717r.JPG

大きく口を開けて受渡しをしているように見えます。
まるでカワセミ・ヤマセミの求愛給餌のようですね!
DSC09720r.JPG

DSC09724r.JPG

また持ち帰ってきました。
大きな口を開けてお出迎えです。
このシーンはツバメの雛への給餌にも見えます。
DSC09761r.JPG

DSC09762r.JPG

今回の受渡しは雄が巣に入ることなく一瞬で終わり、雄はすぐに飛び出して行きました。
DSC09763r.JPG

雌が口にくわえているのはどうやら餌の虫のように見えます。
ひょっとしたら抱卵の段階に進んでいるのかもしれませんね。
DSC09777r.JPG

巣の材料を集めたり、雌の餌を採ってきたり、この時期コサメビタキの雄は大忙しのようです!
DSC09778r.JPG


オオルリやコマドリほどの見た目の鮮やかさはありませんが、とても可愛らしい夏鳥です。

コサメビタキ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。