So-net無料ブログ作成

ヤマセミ 23日 [ヤマセミ]

ヤマセミは順調に姿を見せてくれるものの、近くのブロックではなく70m-90m離れた柵や中洲で活発に動いています。

撮影日:2012年12月23日
撮影機材:Sony α57 + Borg 77EDⅡ
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

これくらい距離が離れるとBorgが威力を発揮します。
rDSC08655.JPG

rDSC08597.JPG

rDSC08664.JPG

rDSC08704.JPG

rDSC08728.JPG

rDSC09323.JPG

rDSC09362.JPG

rDSC09490.JPG

rDSC09491.JPG

rDSC09497.JPG

rDSC09498.JPG

rDSC09499.JPG

rDSC09500.JPG

rDSC09502.JPG

rDSC09549.JPG

rDSC09550.JPG

rDSC09551.JPG

rDSC09552.JPG

rDSC09554.JPG

rDSC09782.JPG

rDSC09784.JPG

rDSC09786.JPG

rDSC09788.JPG

rDSC09789.JPG

rDSC09790.JPG

rDSC09792.JPG

rDSC09793.JPG

rDSC09794.JPG

rDSC01180.JPG

rDSC01183.JPG

rDSC01193.JPG

rDSC01195.JPG


まだまだ経験の浅い週末カメラマンですが、今年の野鳥撮影は充実していました。
カワセミ・ヤマセミ・アカショウビンの3兄弟を撮影することができました。
また日本最小クラスの野鳥キクイタダキや日本最大のオオワシも撮影することができました。
これもひとえに各フィールドでお世話になった先輩諸氏の皆様のおかげと感謝しています。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。







nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ミヤマホオジロ・ルリビタキ・ベニマシコ・アカウソ・アオジ [野鳥]

ヤマセミの撮影後、近くの公園に行きました。

撮影日:2012年12月24日
撮影機材:Nikon D300s + AF-S 300mm F4.0
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

ヤマセミ撮影の帰りにこの森林公園に立ち寄るとスイッチが切り替わりほっとします。
毎回今度はどんな野鳥と出会えるのか楽しみなフィールドです。
今もカワセミ・ヤマセミが興味の中心ではありますが、その他の野鳥への好奇心を掻き立ててくれる場所でもあります。
出会った順に紹介します。

林道を歩いているとルリビタキの雄、成鳥が飛び出してきました。
カワセミのブルーとは違った綺麗さがあります。
rDSC_3800.JPG

rDSC_3797.JPG

rDSC_3804.JPG

rDSC_3807.JPG

ブルーの次はベニマシコです。
ピンクの小鳥がいるとは不思議です。
bDSC_4367.JPG

bDSC_4387.JPG

bDSC_4394.JPG

bDSC_4402.JPG

ベニマシコの近くに赤い鳥、アカウソがいました。
aDSC_4132.JPG

aDSC_4144.JPG

aDSC_4284.JPG

小高い所に移動するとアオジが迎えてくれました。
aoDSC_4507.JPG

これはミヤマホオジロでしょうか。
餌を探しながら歩いて行きます。
kDSC_4478_01.JPG

kDSC_4482_02.JPG

kDSC_4483_02.JPG

暗くなりかけている空にシルエットが綺麗でした。
野鳥の種類は・・・
sDSC_4475.JPG


野鳥の種類が多く、歩いていると様々な野鳥たちに出会えるフィールドです。
名前もまだ良く分からずに撮影していますが、写真を整理しながら野鳥の名前を調べたりする作業も楽しいと思うようになりました。





nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ヤマセミ ホバリング [ヤマセミ]

いつもとまる枝よりも高い所にとまりました。

撮影日:2012年12月23日
撮影機材: Nikon D300s + AF-S 300mm F4.0
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

フィールドの木々も葉が落ちて随分見通しが良くなっています。
いつもより高い所にとまっています。
hDSC_3055.JPG

いきなり飛び出しました。
hDSC_3061.JPG

川に向かって一直線かと思ったら急に空中で減速しました。
hDSC_3065.JPG

これはもしや・・・ヤマセミのホバリング、初の撮影です。
hDSC_3068.JPG

hDSC_3069.JPG

hDSC_3070.JPG

hDSC_3071.JPG

hDSC_3072.JPG

hDSC_3073.JPG

hDSC_3074.JPG

hDSC_3075.JPG

hDSC_3076.JPG

結構長くホバリングしてくれました。
川の獲物を見失ったのか左に身体を捻って戻ります。
hDSC_3079.JPG

hDSC_3080.JPG

hDSC_3081.JPG

hDSC_3082.JPG

hDSC_3083.JPG


そこそこの時間ホバリングしてくれました。
NikonのAFシステムのおかげで瞬時にフォーカスをロックできたのは良かったです。
300mmのレンズでは物足らない距離でしたが、マニュアルフォーカスではバタバタしている間にチャンスを逸してしまったかもしれません。
次回はもう少し近くでのホバリング、お願いします!

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ヤマセミ 水浴びの連続写真 [ヤマセミ]

サイコロブロックでの捕食後、川沿いに下流に向かって飛ぶヤマセミをファインダーで追いかけました。
今日は望遠撮影用に取り回しの良いBorg 77EDⅡ(510mm)を三脚にセットしました。
焦点距離 フルサイズ換算 510mm x 1.5 x 1.4(α57のテレコン機能) = 1,071mm F6.6

撮影日:2012年12月15日
撮影機材:Sony α57 + Borg 77EDⅡ
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

食後の水浴びのため中洲のお気に入りの岩場に向かうと予想していましたが思わぬところを目指していたようです。
ダムからの放流水を弱めるために造作されたコンクリート堤防には下流に向かって鉄筋が突き出している部分があったようで、私にとっては知らない場所でした。
距離約70m、とまっている鉄筋を中心にした限られた範囲内のトビモノなので置きピンにしました。
α57のテレコン連写機能 12枚/秒 での連続撮影です。
コマ数は全部で23枚 2秒未満の短い時間の出来事です。
tDSC04020.JPG

tDSC04021.JPG

tDSC04022.JPG

tDSC04023.JPG

tDSC04024.JPG

tDSC04025.JPG

tDSC04026.JPG

tDSC04027.JPG

tDSC04028.JPG

tDSC04029.JPG

tDSC04030.JPG

tDSC04031.JPG

tDSC04032.JPG

tDSC04033.JPG

tDSC04034.JPG

tDSC04035.JPG

tDSC04036.JPG

tDSC04037.JPG

tDSC04038.JPG

tDSC04039.JPG

tDSC04040.JPG

tDSC04041.JPG

tDSC04042.JPG


ダムサイトという人工の構造物もうまく利用しています。

nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ヤマセミ 舞台はサイコロブロック [ヤマセミ]

撮影場所やヤマセミの動きに少し慣れてきました。
ヤマセミとの距離が近くなり活発にダイブするサイコロブロックでの撮影にNikonの純正AFシステムでトライしました。

撮影日:2012年12月15日
撮影機材:Nikon D300s + AF-S 300mm F4.0
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

ヤマセミがサイコロブロックに来ると鳴き声が大きくなるようです。
ヤマセミのけたたましい鳴き声を聞くと冷静ではいられません。

サイコロブロックにやって来ました。
胸元が白いのでどうやら雌のようです。
tDSC_2163.JPG

tDSC_2165.JPG

tDSC_2168.JPG

自由気ままに飛び回ります。
fDSC_1947.JPG

fDSC_1948.JPG

fDSC_1949.JPG

fDSC_1950.JPG

fDSC_1953.JPG

fDSC_1954.JPG

fDSC_1889.JPG

首を捻りながら飛んでいます。
fDSC_1890.JPG

反対側にも捻ってます。
fDSC_2329.JPG

fDSC_2330.JPG

hDSC_1713.JPG

fDSC_2343.JPG

fDSC_2345.JPG

fDSC_2347.JPG

fDSC_2352.JPG

fDSC_2353.JPG

fDSC_2357.JPG

hDSC_1793.JPG

hDSC_1800.JPG

hDSC_1801.JPG

hDSC_1802.JPG

hDSC_1803.JPG

hDSC_1804.JPG

hDSC_1807.JPG

hDSC_1808.JPG

hDSC_1817.JPG


ヤマセミがサイコロブロックを離れると、放流されている水の音だけが残ります。
上がっていた心拍数が徐々に落ち着きを取り戻します。

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大鷲 止まり木での過ごし方 [大鷲]

11時前後に山の中腹の枝にとまったまま4時まで大鷲が飛び出すことはありませんでした。

撮影日:2012年12月16日
撮影機材:Sony α57 + Borg101EDⅡ
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

カメラの位置から大鷲のいる枝までの距離 約300m
肉眼はもとより 8x25の双眼鏡でも小さすぎて何をしているのかわかりません。
カメラのファインダーを覗き、たまにEVFの拡大機能で大鷲の動向を見ました。
大鷲の生態に慣れていないので、いつ飛び出すのかがわからず、ファインダー越しに見続けました。
突風で揺れるファインダーを見続けるのはとても忍耐力のいることでしたが、おかげで大鷲が枝の上で何をしているのか良く観察することができました。

お気に入りの止まり木でじっと周りを睥睨しているのかと思っていると、いろんなことをしています。
あくびでしょうか・・・いきなり大きく口を開けました。
kDSC06070.JPG

kDSC06071.JPG

kDSC06072.JPG

今度は鳴いているのかもしれませんが、強風で声は麓までは届きません。
kDSC06903.JPG

kDSC06904.JPG

kDSC06908.JPG

kDSC06909.JPG

kDSC06910.JPG

kDSC06911.JPG

羽繕いでしょうか・・・開いた嘴や細めた目を見るとリラックスして気持ち良さそうです。
hDSC06410.JPG

hDSC06413.JPG

hDSC06415.JPG

hDSC06418.JPG

hDSC06420.JPG

hDSC06423.JPG

hDSC06424.JPG

持久戦になってもファインダーを見続けていると、時折面白いなと思えるシーンを観察することができます。
忍耐力が必要な撮影でしたが、大鷲がそこにいるだけで強烈な存在感がありました。
kDSC06384.JPG

kDSC06385.JPG

kDSC06386.JPG


湖北野鳥センターではブログで大鷲の動向を伝えてくれています。
これからの季節、降雪による道路規制や厳しい気象条件などで気軽に行く事はできないでしょうが、大鷲の動向にはずっと注目していたいと思います。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大鷲 枝とまりのストレッチ [大鷲]

琵琶湖から戻ったお気に入りの枝は、北からの強風をまともに受けるので塒の近くの赤松の枝に移りました。

撮影日:2012年12月16日
撮影機材:Sony α57 + Borg101EDⅡ
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

大鷲お気に入りの枝を狙っていた大砲レンズの場所からは移動した先が見えません。
約150m南下した塒の近くの赤松の枝に大鷲はいました。
幸運なことに、姿が見える位置から下界を見下ろしていました。
琵琶湖で食事を済ませてきたので余裕の表情で飛び出す気配はありません。
強風の中あえて再度琵琶湖までフライトする必要はないと思っているような感じです。
dDSC07660.JPG

長い時間、この枝でじっとしていたのでストレッチを始めました。
左脚を浮かせて右脚1本で身体を支えています。
dDSC07661.JPG

dDSC07667.JPG

dDSC07679.JPG

dDSC07683.JPG

dDSC07685.JPG

dDSC07686.JPG

羽のストレッチが終わると左脚も枝につけて両脚で踏ん張る体勢です。
dDSC07687.JPG

カワセミ・ヤマセミでは羽のストレッチを終えると仕上げとして身体全体のストレッチに移行することが多いので期待していると・・・やりました! 通称ガルウィングです。
dDSC07689.JPG

踏ん張った両脚の筋肉は他の野鳥とは違う逞しさがあります。
dDSC07690.JPG

がっしりと枝を掴んでいる爪も迫力満点です。
dDSC07692.JPG

dDSC07693.JPG

dDSC07694.JPG

dDSC07695.JPG

dDSC07697.JPG

dDSC07704.JPG

dDSC07707.JPG


さすが大鷲のストレッチは迫力があります。
湖北の空の王者として、威風堂々、風格十分です。

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大鷲 飛翔 [大鷲]

滋賀県長浜市湖北町に北の国から遠路はるばる大鷲が飛来してきました。
夏季にロシア東部で繁殖し、冬季になると越冬のために朝鮮半島や北海道・日本の北部にやってくる鳥ですが、この大鷲(雌)は琵琶湖畔の湖北町が気に入って今年で14年目の飛来になるとのことです。

国の天然記念物であり日本最大の鳥である大鷲(雌)は、全長102cm・体重7-10㎏・翼開長220-250cmの堂々たる体躯の持ち主です。
自宅から日帰りできるところに日本最大の鳥 大鷲 が越冬している!
是非この目で見て撮影したいという思いで出かけました。

撮影日:2012年12月16日
撮影機材: Nikon D300s + AF-S 300mmF4.0
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

朝9時前に現地に到着すると既に大砲レンズの放列が山の中腹に向けられていましたが大鷲の姿は見えません。
今日はトマリモノ用にα57直焦点の101EDⅡ、 頭上の飛翔用にD300sと300mmF4.0のAFセットを準備しました。
晴れ間が見えるものの、北からの強風が絶え間なく吹きつける厳しい気象条件です。
強風を避けるため山の中腹の塒に篭っているようだとか、まず塒から出て赤松の枝にとまり周りの状況を見極めてから飛び立つよ等々、地元の方の話を聞きながら待つこと1時間30分。
「出た!」との叫び声と同時に上空を見ると、頭上を鳥の影が通過して行きます。
「速い!」
一気に緊張感が走ります。
Nikonを鷲掴みにして取り敢えずシャッターを押したのが次の写真です。
dDSC_2527.JPG

塒からいきなり琵琶湖に向かって飛び出したようです。
心の準備もカメラを構える余裕もありません。
肉眼で見ても大鷲か他の猛禽類なのかの区別もつかないまま、想像以上に高速で通過して行く鳥をファインダーに捕らえてシャッターを押しました。
dDSC_2528.JPG

撮影中はとても余裕がありませんでしたが、画面を確認すると嘴の黄色と白い尾羽を確認することができます。
塒から枝とまりの手順を省略した飛び出しだったためにベテランの方も虚を突かれたようで、三脚に据えた大砲では山に向けたカメラを真逆に振る作業が間に合わなかったようです。
dDSC_2529.JPG

約1.5km離れた琵琶湖にあっという間に到達したようです。
建物などの障害物があるので大鷲の姿を確認することはできませんが、異様な数の水鳥たちが空中に舞い上がる様子を遠目に見ると、大鷲の強烈な存在を感じることができました。
湖岸にある野鳥センターからの情報を携帯で受けて地元の方が逐次情報を教えてくれました。
野鳥か魚かはわかりませんが何かを捕らえて湖岸付近で食べているとのことです。
北風が強く、大鷲といえどもかなり風に流されるから帰りのルートは風上から来るのでは・・・というのが地元の方の読みでした。
野鳥センターから湖岸を離れ山に向かったとの情報が入りました。
姿を見せるまでの間、またまた現場は何とも言えない緊張感に包まれました。
どれ位の速さでくるのか、風上か風下か・・・
ワクワクするようなドキドキするような・・・
この緊張感はやはり 大鷲 只者ではありません。
圧倒的な存在感です。
何分くらい過ぎたのか、「来た!」の叫び声とともに黒い点があっという間に大きくなって来ました。
風下からのアプローチです。
みんな「しまった!」・・・我々の位置から風下は太陽との関係では真逆光になります。
でもそんなことは言っていられません。
とにかくファインダー内に収めて連写あるのみです。
dDSC_2648.JPG

dDSC_2649.JPG

dDSC_2650.JPG

dDSC_2651.JPG

300mmなので全てクロップしています。
少し引き気味で見るとこんな感じです。
dDSC_2652.JPG

山の中腹に向かいます。
羽ばたきが少なくなり、滑空状態になりました。
行き先を見極めているようです。
dDSC_2653.JPG

dDSC_2654.JPG

dDSC_2655.JPG

dDSC_2656.JPG

dDSC_2657.JPG

少し引いてみます。
周りの環境はこんな感じです。
dDSC_2658.JPG

dDSC_2659.JPG

dDSC_2660.JPG

dDSC_2661.JPG

アプローチの速度、高度の微調整を繰り返しながら目的の枝に近づいて行きます。
dDSC_2662.JPG

dDSC_2663.JPG

dDSC_2664.JPG

dDSC_2672.JPG

dDSC_2673.JPG

dDSC_2678.JPG

dDSC_2679.JPG

dDSC_2680.JPG

目的の枝に着地真近です。
dDSC_2682.JPG

dDSC_2684.JPG

dDSC_2685.JPG

dDSC_2686.JPG


撮影中は極度の興奮状態で、とても冷静な判断はできなかったように思います。
大鷲 を見るのも初めてなら勿論撮影するのも初めての経験です。
いきなり飛び立たれて慌てふためいたと言うのが実感です。

この後、大鷲は強風を避けるため別の場所に移動しました。
そこでのトマリモノはBorgにて撮影しました。
写真の整理がつき次第アップします。








nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キクイタダキ・ヤマガラ・アカハラ・エナガ・クロジ [野鳥]

ヤマセミ撮影の帰り道、多くの種類が見られる野鳥スポットに立ち寄りました。

撮影日:2012年12月8日
撮影機材:Borg 71FL + Sony α57
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

大きな池の周りの針葉樹にキクイタダキが現れました。
クロップなしでは小さくてこんな感じです。
gDSC00889.JPG

拡大すると・・・黄色い冠とかわいらしい顔が見えます。
rDSC00889.JPG

少し山間で待っていると見慣れない鳥が出てきました。
鳥類図鑑で見ると「アカハラ」が一番近いように思えるのですが・・・
rDSC00953.JPG

rDSC00937.JPG

rDSC00946.JPG

野鳥に詳しい方、間違っていたら教えてください。
rDSC00942.JPG

すぐ近くの枝にその鳥はいました。
おそらく生まれて初めて見る野鳥です。
全体に黒っぽいので印象に残りました。
他のカメラマンに聞いたり、図鑑を見たところどうやら「クロジ」のようです。
rDSC00964.JPG

rDSC00966.JPG

rDSC00975.JPG

rDSC00995.JPG

rDSC01011.JPG

rDSC01013.JPG

rDSC01017.JPG

rDSC01023.JPG

クロジの周りに明るい太陽の光が降り注いできました。
rDSC01026.JPG

rDSC01028.JPG

rDSC01029.JPG

エナガだと思いますが枝から枝へと渡って行きました。
マニュアルフォーカスが追いついたのは通り過ぎようとしているエナガの後ろ姿です。
rDSC01036.JPG

ヤマガラが朽木をつついているところにそっと近づきました。
小さな種でしょうか・・・大切そうに咥えています。
rDSC01071.JPG

rDSC01074.JPG

rDSC01086.JPG

身体の大きさには不釣合いなほど大きな脚と爪です。
rDSC01098.JPG

rDSC01099.JPG

立派な爪のおかげでしょうか、垂直の幹でもがっちりとつかんで、まるで重力は関係ないような暮らしぶりです。
rDSC01107.JPG

大きくして見ると、まだ大切そうに種を咥えています。
大事な大事な食料のようですね。
rDSC01108.JPG


散策道を歩きながら出会った野鳥達です。
カワセミ・ヤマセミとはまた違った刺激をくれた野鳥達に感謝です。



nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Pentax AFテレコンで半AFボーグ ヤマセミの水浴び [ヤマセミ]

ヤマセミの水浴びシーンです。

撮影日:2012年12月8日
撮影機材:Borg 71FL + Pentax K-5 + AF テレコン x 1.7
(写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

食事を済ませるとお気に入りの場所から水浴びを何度も繰り返します。
PentaxのAFテレコンで半AF撮影をしましたが、これだけ距離のある(約90m~100m)被写体に的確にフォーカスを合わせてくれたことは驚きでした。
一連の水浴びシーンを半AFで連写しました。

いつもの岩場で食事が終わると
y_IGP0479.JPG

いきなり水浴びのため飛び込みました。
y_IGP0480.JPG

同じ場所に戻るのかと思うと
y_IGP0482.JPG

y_IGP0483.JPG

お腹を上に向けて右に急旋回
y_IGP0484.JPG

y_IGP0485.JPG

もう一段高い岩にとまることにしたようです。
y_IGP0486.JPG

y_IGP0487.JPG

y_IGP0489.JPG

着地するとすぐにまた水面を見ています。
y_IGP0493.JPG

水中にダイブ!
まっすぐ飛び込まずに身体を捻りながら飛び込んだようで、こちら側から尾羽やお尻が見えます。
y_IGP0494.JPG

y_IGP0495.JPG

y_IGP0496.JPG

y_IGP0497.JPG

嘴を開いて鳴きながら飛んでいるようです。
y_IGP0498.JPG

着地体勢に入ります。
ここからのポーズはカワセミとそっくりですね。
y_IGP0499.JPG

はい着地!
y_IGP0500.JPG


機嫌が良いようで何度も何度も水浴びを繰り返していました。
Pentax AFテレコンの半AFボーグ、使えますね!


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。