So-net無料ブログ作成

アカショウビンの森 その4 ヤマセミ・カワセミ・アカショウビン [アカショウビン]

アカショウビン、ヤマセミ、カワセミはブッポウソウ目カワセミ科に属する言わば親戚です。
そう言われればどことなく似ている感じがして親しみがわいてきます。

まず見た目のシェイプ。
ヤマセミにはモヒカンスタイルの羽飾りがありますが、共通して言えることは頭でっかちの三頭身シェイプです。
水中の餌をダイブして捕食するという共通の生態から、体格の割には立派に発達した嘴を持つところも共通しています。
その嘴とのバランスから、頭部の割合が大きくなったのでしょうが、その幼児体型はたまらなく可愛らしいと思います。
r_IGP1561.jpg

20110807_62520110807_625rr_138.jpg

1DSC03143.jpg

次に共通するのは嘴の下部、アゴ部分の羽毛
3種類とも良く見るとアゴから喉にかけてはフサフサした白い羽毛に覆われています。
正面から見ると良く分かりませんが、横や下から見上げると良くわかります。
r_IGP1558.jpg

20110807_133920110807_1339r.jpg

20110807_136220110807_1362r_139.jpg

1DSC03093.jpg

1DSC03154.jpg

アカショウビンにはカワセミと同じように構造色の羽毛があります。
発色もカワセミブルーに良く似ています。
羽を広げた時に背中の尻尾付近に縦のブルーの発色が見られます。
太陽光の下では鮮やかでしょうね。
1DSC03362.jpg

1DSC03852.jpg


類似点もありますが相違点もたくさんあるようです。
ヤマセミ、カワセミは留鳥ですがアカショウビンは本州では渡り鳥です。
巣穴もヤマセミ、カワセミが自分で土に穴を掘って営巣するのに対して、アカショウビンは他の鳥が使った木の穴やムロを利用します。
食性もアカショウビンは魚やエビの他にカエルやトカゲなど幅広いようです。

理屈は抜きにして、彼ら3兄弟には惹きつけられてしまいます。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アカショウビンの森 その3 [アカショウビン]

雛達への給餌は現地滞在中の7:30 - 13:30 の6時間の間に12回記録されていました。
平均すると実に30分に1度の割合です。
頻度はまばらですがやはり朝早いうちが活発でした。

撮影日:2012年7月22日
撮影機材: Sony α57 + Borg 101EDⅡ

いきなりの登場です。
食事中の人 ごめんなさい~
どうやら本日のメインディッシュはこの食材のようです。
かなり打ち付けられてグロッキー状態です。
あくまで食材でセサミストリートのkermit the frogではありません。
1rsDSC02858.jpg

おなかを空かせた雛たちの元へ急ぎます。
1rsDSC02922.jpg

1rsDSC02923.jpg

どの雛に何回餌をあげたのか、親鳥はどうやって認識しているのでしょうか。
他の鳥にもいえる事ですが、本当に不思議です。
1rsDSC02926.jpg

カワセミと同じように目に瞬幕が見えます。
雛に給餌をするときに雛の嘴で目が傷つくのを防止しているのでしょう。
1rsDSC02993.jpg

背泳のターンのように身を翻して飛び出します。
1rsDSC02994.jpg

1rsDSC02995.jpg

アカショウビンの雌雄の区別はカワセミやヤマセミほどはっきり識別できるマークがありません。
雌は雄に比べて嘴が少し短いのと胸部から腹部にかけての色が若干薄いのが特徴のようです。
給餌終わりの先ほどのアカショウビンですが、どうやら雌のように思われます。
1rsDSC03012.jpg

1rsDSC03014.jpg

1rsDSC03143.jpg


実際のところはどうなんでしょうか?
雌雄が並んでくれるとわかりやすいと思うんですが・・・

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アカショウビンの森 その2 [アカショウビン]

周りのカメラマンからざわめきがあがりました。
お目当ての赤い鳥、主役アカショウビンの登場です。

撮影日:2012年7月22日
撮影機材: Sony α57 + Borg 101 EDⅡ

ブナの森の奥、想像していたよりも高い木の枝にその鳥はいました。
記念すべき 1st shot です。
感動と興奮の中、シャッターを切りました。
rsDSC01999.jpg

嘴に何か咥えています。
木の枝か岩にさんざん打ち付けて足がほとんど残っていませんが、どうやら獲物はサワガニのようです。
赤い嘴が朝日に光っています。
この嘴は他の鳥ほど硬くないので自分で木に巣穴をあけられないとのことです。
rsDSC02008.jpg

獲物を捕まえると雛達への給餌のために巣穴のある木が見渡せる別の木の枝にとまります。
見晴らしの良い枝にとまることが多かったのですが、こんな隠れ場所にとまることもありました。
1rsDSC02729.jpg

給餌後のアカショウビンが奥の枝にとまりました。
嘴の付け根がかゆいのか、さかんに枝にこすりつけています。
どことなくユーモラスなのはカワセミ科の特徴なのでしょうね。
1rsDSC02610.jpg

2rsDSC02374.jpg

1rsDSC02376.jpg

1rsDSC02377.jpg

1rsDSC02378.jpg

1rsDSC02379_copy.jpg

背景がブナの幹になるとアカショウビンの赤い色がまた違って見えます。
1rsDSC02149.jpg


カワセミのブルーは見る者を魅了しますが、アカショウビンの赤色も負けず劣らず魅惑の色です。
ブナの森とのコントラスト・・・魅了されてしまいました。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アカショウビンの森 [アカショウビン]

MFのカワセミ仲間 Haさんから、アカショウビンを撮りに行かないかとの突然のお誘いがありました。
かねてから一度は撮影したいと切望していた赤い鳥・・・夢をふくらませて遠征に出かけました。

撮影日:2012年7月22日
撮影機材: Sony α57 + Borg101EDⅡ

目的地は西日本では有名なスポットです。
早朝4:30に出発、大阪から高速と下道を乗り継いで約3時間の遠征です。
7:30に現地到着し撮影準備を始めると同時に、幻であったはずの赤い鳥 アカショウビンが森の奥から飛んで来て高い木の枝にとまりました。
ブナ林の1本に、昔ブッポウソウが開けたムロがあり、その穴を巣として利用していて、もうそろそろ雛たちが巣立つ時期を迎えているようです。
食欲旺盛な雛たちに給餌するためにせっせと餌を運んで来ますが、直接巣穴に向かうのではなく、巣穴を見渡せる枝に一旦とまり安全を確認した後に、巣穴へと向かいます。
ブナの林は思いのほか暗く、早朝ということもありシャッタースピードが上がりません。
ISO1600でもSS1/400 飛んでいるアカショウビンは止まりません。
獲物を咥えて巣穴へ飛んで来ました。
BORG101EDⅡ焦点距離640mm ノートリミング
2rsDSC03359.jpg

2rsDSC03360.jpg

2rsDSC03361.jpg

2rsDSC03362.jpg

この巣穴の中に雛達がいるようです。
2rsDSC03363.jpg

雛の姿は下から見上げるアングルなので見えません。
2sDSC03364.jpg

親鳥が給餌で巣穴に入ることがないので、相当大きくなっていることは間違いないようです。
2rsDSC03365.jpg

2rsDSC03366.jpg

獲物が大きかったのか給餌に少し時間をかけました・・・この間約2秒くらいでしょうか。
2rsDSC03367.jpg

巣穴に頭を入れる給餌の姿勢が自然の中では一番無防備で危ない瞬間のようで、無事に給餌が終了するとすぐさま反転して、一旦近くの枝にとまります。
2rsDSC03368.jpg

到着してしばらくの間は、憧れの鳥が目の前にいることが夢のようで興奮状態でした。
空振り覚悟の遠征だったので、アカショウビンとの出会いに感謝です。
現在整理中の写真も徐々にアップしていくつもりです。



nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

岩盤のカワセミ [カワセミ]

自然の中では水面に張り出した水辺の草の枝や、樹木にとまるカワセミを見ることが多いのですが、都市部の河川や公園池をテリトリーとするカワセミの場合は人間が作った建造物にも良くとまります。

撮影日:2012年7月16日
撮影機材: Sonyα57 + Borg77EDⅡ

公園池の周りにある岩の上にカワセミがとまりました。
この場所には水面を見渡せる樹木がなく、この岩の上から池の状況を眺めています。
DSC00629rs(1).jpg
朝日を背中から浴びています。
眼球がレンズの役目をしてカワセミの眉間(?)を明るく照らしています。
DSC00639rs1(1).jpg
今度はこのような石組みを利用して水中の獲物を狙っています。
DSC01315rs(1).jpg
DSC01326rs(1).jpg
水面が見えるアングルに移動した途端に水中に飛び込みました。
飛び上がってきた嘴の先には小さなメダカサイズの魚をしっかりくわえています。
DSC01985rs2(1).jpg
DSC01986rs2(1).jpg
DSC01987rs2(1).jpg
DSC01988rs2(1).jpg
DSC01989rs2(1).jpg
若いカワセミは捕獲技術が未熟なのか、小さな魚やエビを捕食することが多いようです。
おそらく動きのあまり早くない餌がちょうど良いのでしょう。
しかし体の割りにあまりに小さな餌なので、満腹になるにはいったい何匹必要なんでしょうかね・・・
一口で飲み込むとまたすぐにハンティングに戻ります。
DSC01995rs2(1).jpg
効率良く捕食するためにはハンティングの技術を磨くしかありません。
早く大きな魚が捕れるように頑張ってね!


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

水カンナとカワセミ [カワセミ]

うだるような猛暑の3連休、土日はカワセミの活性が低くモヤモヤっとした気分で過ごしましたが最終日の海の日は一転してとても忙しい1日となりました。

撮影日:2012年7月16日
撮影機材:SONY α57 + BORG77EDⅡ

朝6時に公園池に到着。
機材のセッティングをしながらなんとなく気配を感じ、目の前の水カンナに目をやるといつの間にかカワセミが花の根元にとまっていました。
朝日の中のカワセミと水カンナの花はとてもきれいです。
rsDSC00269(1).jpg
胸元を見るとまだ黒い羽毛があり、若いカワセミのようです。
最近急に数が増えたトンボを目で追っています。
rsDSC00282(1).jpg
別の花の枝にとまりました。
早朝ですが気温と湿度は半端なく高く、私も汗だくです。
カワセミも体温が上がると嘴を開けることが多いように思われます。
rsDSC00305(1).jpg
太陽が雲間に隠れたので写真の露出も落ち着くとともに、カワセミも嘴を閉じて心なしか穏やかな感じです。
rsDSC00484(1).jpg
rsDSC00487(1).jpg
rsDSC00491(1).jpg
正面を向くと胸の黒っぽい羽毛や脚の色から成鳥ではなく若鳥だということが良くわかります。
rsDSC00798(1).jpg
くるっと回って背中も見せてくれました。
とてもきれいなカワセミブルーで、後ろ姿はもう立派な成鳥ですね。
rsDSC00825(1).jpg
rsDSC00858(1).jpg
太陽が雲間から出て直接当たるようになると、水カンナの大きな葉を利用してビーチパラソルのようにその影に入ります。
とまっている枝の下には水面があり、葉陰には小魚が集まってきます。
日よけと餌の捕獲、一石二鳥なのかもしれません。
rsDSC01259(1).jpg
カワセミブルーと水カンナの花の紫、そして葉の緑、まるで暑い季節に涼を呼ぶ盛夏の和菓子のような色合いでした。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カワセミも暑そうです! [カワセミ]

大阪北摂の本日の気温は猛暑日の一歩手前まで上昇しました。
早朝から公園池に向かいましたが、到着するなり汗だくになり集中力を欠く撮影となりました・・・反省です。

撮影日:2012年7月15日
撮影機材: Nikon D300s + AF-S Nikkor ED 300mm F4.0 + AF-S テレコン x1.7

カワセミを待つ間にやってきたメジロです。
rsDSC_8188(1).jpg
rsDSC_8193(1).jpg
rsDSC_8194(1).jpg
気温の上昇してきたこととカワセミの出が悪く、MFに移動しました。
水面を渡る風と頭上の樹木のブラインドが体感温度を下げてくれます。
カワセミもこの暑さで動きは鈍く、こちらが移動してやっと木陰に休んでいるカワセミを見つけました。
アオスジアゲハでしょうか・・・薄暗いところにいるとカワセミの模様と良く似ています。
rsDSC_8250(1).jpg
メインの公園池を中心にいくつかの池を見て歩きましたが、カワセミの活性は低いようです。
歩くことで体力を消耗したので早々に撤収することにしました。
もとの公園池まで行くと、Haさんと会いました。
ここでも木陰で休んでいるカワセミを発見!
慌てて車にカメラを取りにもどりました。
rsDSC_8294(1).jpg
rsDSC_8299(1).jpg
rsDSC_8326(1).jpg
rsDSC_8327(1).jpg
カワセミも暑そうです。
rsDSC_8342(1).jpg
rsDSC_8345(1).jpg
気温、湿度ともにこれだけ暑いと行動範囲が狭くなります。
夏の撮影は集中力が欠如しないうちが勝負です。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

レフレックスレンズとGH2でカワセミ撮影 [機材]

カワセミの撮影を始めてしばらく経った頃、手軽な望遠レンズということでニコンのレフレックスレンズ(500mm F8.0)を購入しました。
ミラーレンズとも言いますが、要は反射望遠鏡の原理を応用したカメラレンズです。
メリットとしては、焦点距離の割に鏡筒が短く軽量で、取り回しに非常にすぐれています。
全長約150mm 直径約120mm 重量約900g と非常にコンパクトで、構造上色収差がありません。
デメリットとして、F値が固定、光の状態によりリング状のボケや二線ボケが出る場合がある。ピントのヤマが非常に薄い。等々があります。
ボーグを使うようになってから、ずっと使うことがなくなっていたのですが、久しぶりにフィールドに持ち出してみました。

撮影日:2012年7月8日
撮影機材:Panasonic GH2 + マウントアダプター + Nikon レフレックスレンズ(500mm F8.0)

公園池に早朝6:00に到着するともうJ.Jさんは来られていました。熱心さに頭が下がります。
レフレックスレンズはソニーα用を除いてはマニュアルフォーカスで、ピントのヤマは非常に薄くてシビアです。
ボーグでマニュアルフォーカスには慣れているつもりでしたが、感覚としてボーグよりさらに薄いように感じました。
しかしGH2の優秀なEVファインダー内拡大アシストのおかげで、ピントの歩留まりはとても良かったです。
被写体までの距離があったのでGH2のEZテレコンx1.4を併用する場合が多く、マイクロフォーサーズの画角 x2.0で換算すると、500mm x 1.4 x 2.0 = 1,400mm相当で撮影することができました。

公園池横の樹木の中に潜んでいた幼鳥です。
rsP1040394(1).jpg
成鳥(雄)もやって来ました。
雌が抱卵したのか、この池で餌取りに大忙しの様子ですが、ここに幼鳥が潜んでいることも知っているようです。
rsP1040466(1).jpg
杭に佇む成鳥(雄)です。
昇る朝日の強烈な逆光下での撮影のため、カワセミに露出を合わせると背景がハイキー調になります。
rsP1030222(1).jpg
ここまでのレンズテストでは解像もそこそこしており、レフレックスレンズと言われなければ普通の望遠レンズで撮影したように見えるのではないでしょうか?
今度はレフレックスレンズの特徴が良く出るように、露出を変えてみます。
背景に露出を合わせ、カワセミはどちらかというとシルエットになりますが・・・
rsP1020903(1).jpg
いきなりドーナツ状のリングボケが現れました。
これがレフレックスレンズの特徴です。
水面の反射や木漏れ日等がフォーカスを外した位置で発生すると、特徴的なリングボケが発生します。
ではリングボケを意識して撮影したカワセミ写真をご覧ください。
rsP1030908(1).jpg
rsP1030919(1).jpg
rsP1040108(1).jpg
rsP1040126(1).jpg
rsP1040247(1).jpg
水面の反射だけではなく木々の木漏れ日にもリングボケは発生します。
樹木の中の幼鳥ですが、手前の幹のところに木漏れ日が当たり、独特の模様が出ています。
また、手前の枝にもレフレックスレンズの特徴である二線ボケが発生しています。
rsP1040325(1).jpg

今回久しぶりにレフレックスレンズを使ってみての感想ですが、被写体との距離が近い場合は予想した以上に解像感がありました。
GH2との組み合わせではとても軽量のシステムでありながら、35mm換算で1,400mmの超望遠撮影をすることができました。
二線ボケやリングボケを嫌うのではなく、それら独特なボケを想定した構図を計算することによって、ボーグや一般的なカメラレンズとは異なった表現ができるのではないかと思います。
レフレックスレンズについてのご意見をお聞かせいただければ幸甚です!
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カワセミ幼鳥の一人相撲 [カワセミ雛]

他の生き物の子供と同様に、カワセミの幼鳥も好奇心はとても強く、身の回りのちょっとしたものに関心を示しては、その幼い反応で見ている者を癒してくれます。

撮影日:2012年6月24日
撮影機材: SONY α57 + BORG71FL + Kenko テレコンx1.4

いきなりファイティングポーズからスタートです。
そのお相手は・・・
rsDSC09188_1302.JPG
風にそよぐ木の葉です。
ヒラヒラとなびく葉先を見て闘争心に火がついたようです。
rsDSC09190_1303.JPG
威嚇しながらの攻撃です。
rsDSC09192_1304.JPG
再度嘴でアタックです。
rsDSC09193_1305.JPG
相手は攻撃して来ないので、当たり前ですが完勝です。
勝利の雄叫びを・・・
rsDSC09206_1306.JPG
ふいに風の流れが大きくなりました。
それに伴い今までおとなしかった葉っぱが風に煽られ迫ってきます。
思いのほか大きくて強い力で押されたのでバランスを崩してしまいました。
rsDSC09218_1307.JPG
風が強くなりさらに押し込まれます。
枝から落ちないように両脚を踏ん張り、羽でバランスをとって必死の形相です。
rsDSC09224_1308.JPG
踏ん張りきれずに右脚が浮いてるよ!
rsDSC09225_1309.JPG
両脚をいっぱいに広げて漸く落ち着くことができました。
rsDSC09226_1310.JPG
あ~怖かった!
ほんの少しちょっかいを出しただけなのに、思わぬ反撃にあってしまいました。
そ~っと離れる仕草がまた可愛らしいですね!
rsDSC09227_1311.JPG

一人遊びでいろいろな経験を積んでいくのでしょうが、本当にいろいろなことをしているんだな・・・と感心してしまいます。
幼鳥の時期にしか見られない行動は思いがけないものが多く、ほのぼのとして癒されます。
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

飛び出しの瞬間 [カワセミ雛]

カワセミも幼鳥は成鳥と比較すると全般的に動きが緩慢で、次の動作がわかり易い場合があります。

撮影日:2012年6月24日
撮影機材: SONY α57 + Borg71FL + Kenko テレコン x1.4

幼鳥が池の上に張り出した枝から水面を観察しています。
成鳥の場合はとてつもなく早い速度で獲物めがけてダイブするので、飛び出しの瞬間を止めて撮影するのはとても難しいのですが、幼鳥の場合はヒラリ・・・という感じで優雅に空中に飛び出しました。
rsDSC05851_1299.JPG
rsDSC05852_1300.JPG
rsDSC05853_1301.JPG
こちらでも、ゆっくり前傾姿勢をとり、フワリと空中に飛び出しました。
rrDSC06296_1291.JPG
rrDSC06297_1292.JPG
rrDSC06298_1293.JPG
rrDSC06299_1294.JPG
幼鳥のゆったりとした動きは撮影する者にとってはとてもありがたく、飛び出しから空中での飛翔姿勢をしっかりと記録することができます。
rsDSC05361_1296.JPG
rsDSC05362_1297.JPG
rsDSC05363_1298.JPG


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。